大人の男性を魅了するサンローランとは?ブランドを徹底解説!

サンローラン?

イブサンローラン?

YSL?

これってどんなブランドでどんな違いがあるの?
最近サンローランのブランドをよく見かける人も多いのではないでしょうか。
サンローランと聞くとイブサンローランやYSLを思い浮かべる方も多くいらっしゃるかと思います。

今回はそんなサンローランについて、どんなブランドなのか、そもそも違いは何なのか、なぜ最近になって有名になったのかを迫っていこうかと思います。

目次

1【30秒で分かる】イブサンローラン、YSL、サンローランの違い

まずはイブサンローラン、YSL、サンローランの違いについて迫っていきましょう。

結論から申し上げると、全部同じブランドです。
全部同じなのですが、事業内容によってブランド名が異なっております。

イブサンローランは社名全体を指す言葉でもあるのですが、ブランドとしては香水やスキンケア商品がメイン商材です。
一方サンローランはアパレルラインが専門のブランドになっております。
一見同じようなブランドですが、具体的にどのような違いがあるのかご説明させていただきます。

1-1 イブサンローランはブランドの総称!香水やスキンケア商品がココ

出典:イブ・サンローラン・ボーテ

サンローランは1962年にオートクチュール店(高級仕立て服店)として、イブ・サンローランと恋人のピエール・ペルジェ、アメリカの資産家マック・ロビンソンの3名によりメゾンを誕生させたことにより歴史は始まり、”イブサンローラン”としては1966年にプレタポルテ(既製服)ラインとして設立されました。

創業者のイブ・サンローランはどのような人物なのかざっくりとお伝えすると、モード界の帝王と呼ばれるくらい実力のある人物で、数々の伝説を残してきた人物です。
実はこの創業者イブ・サンローラン、元々はクリスチャン・ディオール(現DIOR)のデザイナー出身で、1958年にはクリスチャン・ディオールの主任デザイナーに抜擢されていた人物でもあります。
当時のクリスチャン・ディオールはバレンシアガと世界1,2位の人気を争うくらい超有名で超人気が高いブランドなので、そこで主任デザイナーをしていただなんてすごいですよね…笑

※歴史の詳細についてご興味ありましたら

モード界の帝王サンローランの歴史と厳選デザイナー3選!!

にありますので、こちらをお読みください。

イブ・サンローランが2002年にイブサンローラン(会社)を引退したのと同時にオートクチュール部門は閉鎖され、プレタポルテや香水、スキンケア部門のみとなりました。
現在では香水やスキンケアの商品を扱う部門を”イブ・サンローラン・ボーテと組織名となり、イブ・サンローランとしてYSLのロゴで販売しております。
つまり、イブサンローランは会社名であり、香水やスキンケア商品を売っているブランドということになります。
女性の場合には化粧品などでよく見かけると思うので、サンローランよりもイブサンローランの方が馴染み深いかと思います。

それではサンローランはなぜサンローランと呼ばれるようになったのでしょうか。

1-2 サンローランはアパレルラインのブランド名

出典:サンローラン・パリ

サンローランと呼ばれるようになったのは2012年エディ・スリマンのデザイナー再就任による影響があり、イブサンローランのプレタポルテ部門が”サンローラン・パリ”と言う名称に変わりました。
ブランド名称を分けたことにより、イブサンローランのプレタポルテは女性と言う一般的なイメージを払拭し、メンズラインの知名度が右肩上がりで成長しました。

昨今、イブサンローランという言葉よりもサンローランと言う言葉を聞くようになり、街でも”サンローラン”の方がよく見かけるのは男女の垣根がなくなったからでしょう。それでは、なぜこんなに急激に人気が出始めたのでしょうか?
人気について次章で迫っていきましょう。

2 サンローランはなぜ今人気なのか。その秘密は2人のデザイナーに在り

ここからは人気についてご説明させて頂きます。

尚、昨今の人気情報について中心にお話しいたしますので、サン・ローラン時代については省略させていただきます。
(※サンローラン時代はモード界の帝王サンローランの歴史と厳選デザイナー3選!!にて。)

先に結論をお伝えしておくと、エディ・スリマンの影響がものすごく強いです。
エディ・スリマンが居なければ今のサンローランは存在し得ないと言っても過言ではないくらい彼の力により人気が急上昇しました。

そして2016年にエディ・スリマンのデザイナー退任により、アンソニー・ヴァカレロがデザイナーに就任しました。
エディ・スリマンのサンローランが好きな人達からは売り上げが低下すると予想されておりましたが、20%以上売り上げアップを実現し、通常2年契約であるデザイナー契約を3年更新しました。
この章ではそんな二人のデザイナーについて掘り下げて、なぜサンローランが人気が出たのか迫っていきます。

2-1 カリスマデザイナー『エディ・スリマン』の革命

出典:wiki

まず一人目はエディ・スリマンについてお話しします。
先にエディ・スリマンの経歴をざっくりとお伝えします。

LOUIS VUITTON(monogram canvasのプロジェクト)→イブサンローラン ディレクター→DIOR HOMME(現DIOR) ディレクター→サンローラン・パリ デザイナー→(現在)セリーヌ デザイナー

ざっと見た感じでもハイブランドのディレクター(デザイナー)畑をずっと歩いてきたことが分かります。
一度サンローランでディレクターに就任していたことがあること、イブ・サンローラン(創設者)と同じDIORのディレクターを経験していることは驚きですね。
このエディ・スリマンがサンローランでの影響について少し掘り下げみましょう。

2-1-1 現在のブランドイメージを作った

エディ・スリマンより前のサンローランのイメージは、ラグジュアリーで高級感があふれるデザインが多い中、現代では普通に流通しているシースルーのデザイン、男性が着るようなサファリルック、スカートが主流だった時代にパンタロン(末広がりの裾のパンツ)を発表し、人々を驚かせ続けたブランド。というようなイメージが定着しておりました。

しかしこれは過去の話で、現代はどうかと言うと”ラグジュアリーロック”のイメージがかなり強いブランドなのがサンローランです。
なぜこんなにもロックなイメージが強くなったのかと言うと、エディ・スリマンが「子どもの頃から、生活のすべてが音楽に囲まれていた。音楽を聴いていると、ファッションのアイディアが形になるんだ。」とインタビューで答えており、彼の音楽の趣味に理由があります。

実はエディ・スリマンはデザイナーだけではなく、フォトグラファーとしての顔も持っている人物です。
子供の頃に両親からいただいたカメラの影響でフォトグラファーを始めたそうです。
彼のロックな部分を知るには2008年には彼が発売した写真集を見ると分かります。

◆Rock Diary

 

 

出典:Google

Rock Diaryは多数のロックミュージシャンをポートレートで撮影した写真集で、エディ・スリマンは現在でもロックミュージシャンの撮影をし続けております。
エディ・スリマンから出るロックなスタイルは大のロック好きと言うところから来ており、そのロックなスタイルが世間にウケてサンローランのイメージに定着しました。

彼は現在セリーヌのデザイナーに就任しているので、これからはセリーヌのロック化が進み、メンズのプレタポルテの人気が出るかも知れませんね。

2-1-2 イブサンローランとサンローランを分けて男女の垣根をなくした

エディ・スリマンがイブサンローランで行った偉業で最も分かりやすいのが、プレタポルテ事業部を分け、サンローラン・パリを作ったことです。
元々は同じブランド名で販売していたプレタポルテですが、エディ・スリマンがデザイナーに再就任した2012年にプレタポルテ事業部をイブサンローランからサンローランパリにブランド名を変更しました。

イブサンローランは香水や化粧品のイメージを持っている方も多く、化粧品は現代では男性でも使用している人は居るものの、やはり女性のイメージが強いブランドです。(現にマーケティングは女性向けのものとなっております。)
女性のブランドというイメージを払拭し、プレタポルテ事業部を分けたことにより、メンズラインの拡張することができました。顧客の層が広がれば、それだけ知名度も高くなり、必然的にサンローランの人気が高まったのです。

2-2 過去に囚われないデザインで魅了『アンソニー・ヴァカレロ』

出典:Instagram

エディ・スリマンの後任デザイナーに任命されたのがアンソニー・ヴァカレロです。
アンソニー・ヴァカレロもエディ・スリマンと同じくざっくりと経歴からご紹介します。

FENDI 入社 ファー部門→Anthony Vaccarello(アンソニー・ヴァカレロ)ローンチ→ヴェルサス・ヴェルサーチ デュレクター就任→サンローラン デザイナー就任

アンソニー・ヴァカレロは1981年にベルギーで生まれたまだまだ若いデザイナーです。
元々は法律関係の仕事に就こうと法学部に進学するのですが、『自分が本当にやりたいこと』を探したのち“ベルギー国立ラ・カンブル視覚芸術高等専門学校”に入り直しデザイナーの道を歩み始めます。
そして若手の登竜門と言われる“イエール国際モード&写真フェスティバル”の大賞を受賞したことによりアンソニー・ヴァカレロの注目集まり、FENDI(フェンディ)に入社します。

2008年には自信の名前を冠したブランドAnthony Vaccarello(アンソニー・ヴァカレロ)をローンチします。Anthony Vaccarelloはとてもセクシーなデザインが多く、アンソニー・ヴァカレロ(人物)といえばセクシーという印象を作り上げました。

◆Anthony Vaccarello 2014秋冬コレクション

出典:fashion press

どれを見てもセクシーで女性の大人らしさを演出してくれるとてもいいデザインですよね。
自身のコレクションを出したのち2015年にヴェルサス・ヴェルサーチのディレクターのディレクターに就任します。
ヴェルサーチではメンズ、ウィメンズだけでなくアクセサリーまで担当しておりましたが、翌年2016年にヴェルサーチを退任しサンローランのデザイナーに就任しました。

エディ・スリマンのサンローランはロックなイメージが強かったのですが、アンソニー・ヴァカレロはどのようなデザインなのか、2015年にエディが発表した秋冬コレクションと2017年にアンソニー・ヴァカレロが発表した秋冬コレクションを比べてみてみましょう。

◆サンローラン2015年秋冬コレクション(エディ・スリマン)

出典:fashion press

◆サンローラン2017年秋冬コレクション(アンソニー・ヴァカレロ)

出典:fashion press

アンソニー・ヴァカレロのデザインはエディ・スリマンのロックで少年ぽいイメージのデザインを継承しつつ、自身のセクシーなデザインも周到し、過去に囚われない新しいサンローランを演出しております。
エディの後任という超重要なポジションで前年比20%増の売り上げアップも果たし、契約を3年間更新したアンソニー・ヴァカレロ。今後どのようなデザインを描くのか目が離せません。

3 どんなアイテムが人気なの?種類別サンローラン代表的な現行アイテム

さて、サンローランがどんなブランドなのか、有名になるにありどんなデザイナーが就任してきて、今のデザイナーはどのような特徴があるのか分かったところで、続いてはアイテムについて注目してみましょう。
サンローランのアイテムは基本的にはロックテイストで男性アイテムも女性アイテムも格好いいアイテムが多い印象があります。
もしもサンローランのアイテムで購入を悩んでいる場合はぜひ参考にしてみてください。
それでは実際のアイテムを写真付きで見ていきましょう。

3-1 季節問わず大人気『Tシャツ』

出典:SAINT LAURENT

定価:¥47,300(左:上、下/中:下/右:上)¥50,600(中:上)\55,000(右:下)

価格帯は4万円以上とかなり高め。柄物のロックテイストもアリながらシンプルなロゴデザインも用意されております。
これからの季節温かくなるので、Tシャツでお出かけする機会も増えてくるかと思います。
その際にサンローランのTシャツを着ていればモテること間違いないでしょう。
柄物も良いですが、個人的にはシンプルなロゴのみのデザインの方が、高級感があるためオススメです。

3-2 ロックなスタイルでサンローランの代表作『ライダースジャケット』

出典:SAINT LAURENT

定価:¥605,000(左:上、下)¥583,000(中:上)¥627,000(中:下)¥698,500(右:上)¥616,000(右:下)

サンローランといえばロックテイストの洋服を多くの方はイメージされます。
その中でも代表作と言われるのがライダースジャケット。
なぜサンローランのライダースジャケットが代表作と言われているのかと、サンローランがライダースジャケットを発表したことにより、今までにあったライダースジャケットのイメージをガラっと変え、ライダースジャケットの中でも名作と言われているからです。

90年代のライダースジャケットと言うとハーレーダビッドソンなどのアメリカンバイクにまたがった屈強な男が着用しているようなイメージがありましたが、サンローラン(当時はイブサンローラン)がライダースジャケットを発表すると、今までライダースジャケットを見向きもしなかった人がライダースジャケットを羽織り、ライダースジャケットのイメージの中に“ラグジュアリー”を組み込むことができました。
20年以上経った現在でもそのラグジュアリー感は損なうことなく大人気の商品となっております。
価格はかなり高めの金額ですが、質は金額相当の良さのものなので、手入れをしっかりと行うことで長く使用することができます。
もしも一張羅としてライダースジャケットを探している方がいる場合にはイチオシのアイテムとなります。

3-3 シルエットがカッコいい『スタジャン』

出典:SAINT LAURENT

定価:¥275,000(左:上、下)¥396,000(中:上、下)¥352,000(右:上)¥264,000(右:下)

カジュアルコーデや綺麗なコーデの外しアイテムとして使用されるスタジャン。
サンローランのアイテムはロックテイストでありながらラグジュアリー感もあるアイテムが多いのですが、スタジャンはどちらにも当てはまらないカジュアル感が強いアイテムとして人気が高いアイテムとなっております。
カジュアル感が強いながらも値段相当の素材を使用しており、高級感は高い商品となります。

3-4 ロックでスマートな『シューズ』

出典:SAINT LAURENT

定価:¥82,500(左:上)¥71,500(中:上)¥44,000(右:上)¥121,000(左:下)¥110,000(中:下)¥330,000(右:下)

サンローランに靴のイメージを持っていない方も多いかと思いますが、意外と良い商品が多いです。
シューズとしてまとめさせていただきましたが、スニーカーはカジュアル、ブーツはロックに特化しているイメージのシューズが多く存在しております。
スニーカーにはロゴマークの記載もあり、カジュアルながらも高級なアイテムということが分かるようになっており、さり気なくサンローランということを伝えたい方に人気が高いです。

3-5 大人で落ち着いているデザインの『キャップ』

出典:SAINT LAURENT

定価:¥66,000(左:上)¥115,500(左:下/中:下/右:上)¥82,500(中:上)¥99,000(右:下)

一見サンローランっぽさを感じない帽子ですが、かなりオシャレなアイテムが多く人気な商品です。
ロゴもなくサンローランということは一目で分かりませんが、ワンアイテム欲しい場合にサンローランのキャップを持っているとオシャレの幅が広がりますので、オシャレさんにオススメなアイテムとなります。

3-6 シンプルで高級感のある『財布&キーケース』

出典:SAINT LAURENT

定価:¥57,200(左:上)¥93,500(中:上)¥53,900(中:右)¥50,600(左:下)¥40,700(中:下※キーケース)¥60,500(右:下)

男性女性選ばず人気なアイテムなのがサンローランの財布です。
YSLのロゴマークがついているアイテムは女性、SAINT LAURENTのロゴは男性に好まれる傾向にあります。
シンプルで高級感がかなり高いアイテムとなっているため、仕事中でも使いやすくサラリーマンの方や、ブランド物は使いたいけど派手じゃないアイテムが欲しい方に人気が高いです。

4 サンローランの名作アイテム3選

現行品ではどのようなアイテムが人気なのかざっくりと分かったところで、続いては過去のアイテムで、特に名作と言われているアイテムを3種類に分けてご紹介させていただきます。

大きく分けると

  • ライダースジャケット
  • ヒールブーツ
  • スキニージーンズ

この3種類になります。

4-1 エディのロックの印象を強めた代表作『ライダースジャケット』

3章でご紹介させていただいたライダースジャケットが4章でも登場します。
一部界隈ではサンローランと言えば革ジャン(ライダースジャケット)と言われるくらい超名作揃いで、どの商品をとっても良いアイテムが多く存在しております。
その中でも特に良いといわれているアイテムが以下2つのアイテムとです。

◆L01 モーターサイクル ジャケット

出典:FARFETCH

中古販売相場:30万~50万円

現行品では『クラシック モーターサイクル ジャケット(ブラック/レザー)』と言う名前で復刻しているアイテムで、新品定価が¥605,000で販売しております。
このアイテムはエディ・スリマンがサンローランのデザイナーに就任する際に条件としてライダースジャケットの製作させてもらうことを出しました。
その結果出たアイテムがこのL01 モーターサイクル ジャケットでエディのロックを象徴させるデザインがありながらも高級感があふれ出るラムスキンを使っており、とても人気が高いアイテムです。
新品定価では凡そ60万円とかなり高めですが、中古であれば少しでも安く購入することができます。
使用感が出て革の質感も良くなっているものもあるので、予算に応じて中古を選んでもいいかと思います。

4-2 タブー視を無視!高いヒールのメンズブーツ『ヒールブーツ』

続いてはシューズの中のヒールブーツです。
ブランドのシューズと言うとスニーカーなどカジュアルなタイプを想像する方も多いですが、サンローランの中で名作と言われているのはヒールブーツです。
その中でも特に名作と言われているのはエディ・スリマンが就任するのトム・フォードというデザイナーがデザインした『クラシック ワイアット 60 ハーネスブーツ』です。

◆クラシック ワイアット 60 ハーネスブーツ

出典:SAINT LAURANT

定価:¥148,500

このブーツは1999年~2004年のトム・フォードがデザイナーに就任していた時に発売されたアイテムで、当時は「男性が高いヒールブーツを履くのはタブー」と言われていた中、サンローランからヒールブーツを発表されたことにより話題となりました。
現在のアイテムは復刻品となり、ヒールの高さは6cmですが、当時のアイテムでは6.5cmとかなり大きいヒールサイズとなります。

4-3 ストレッチ性が高くアーティストも愛用『スキニージーンズ』

最後にご紹介するにはスキニージーンズ。
スキニージーンズと言うと硬くて動きにくいイメージされる方も多いかと思いますが、サンローランのジーンズはストレッチ素材が入っていることもあり、伸縮性が高くとても動きやすいアイテムです。
その中でも名作と言われているアイテムは『オリジナル ローウエスト スキニージーンズ』です。

オリジナル ローウエスト スキニージーンズ

出典:SAINT LAURANT

中古相場:7万~12万円

かなりシンプルなデザインのジーンズです。
サンローランのデニムは細身の人のシルエットがカッコよくなるようにデザインされており、このデニムも同様に細身の方向けのデザインとなっております。
弊社で運営しているBringという古着買取店では実際にサンローランのデニムを買取したことがあり、その持ち主はとあるダンサーをしている人なのですが『これは衣装にできるくらい伸縮性が高く使いやすい』とかなり褒めていました。

5章でご紹介させていただきますが、実際にEXILEのTAKAHIROさんが愛用していることもあり、ダンサー業界にとっては動きやすいジーンズとして有名みたいです。

5 サンローランを愛用している芸能人6選

続いては愛用している芸能人にをご紹介させていただきます。
どのように着用、使用しているのか知ることで、サンローランを購入する際に参考になるかと思いますので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

5-1 EXILE『TAKAHIRO』さん

出典:WWD

大人気グループのEXILEでボーカルを務めるTAKAHIROさんが愛用しているのはパンツです。
グッチのTシャツにサンローランのパンツを合わせたコーディネートをしており、スタイルに合ったコーディネートで超カッコいいですね。

5-2 元SMAP『木村拓哉』さん

出典:映画ナタリー

木村拓哉さんが着用しているのはシャツです。
キムタクといえば最近ではsupremeを着用しているイメージが強い芸能人ですが、2018年に行われた『検察側の罪人』の舞台挨拶でサンローランを着用しておりました。
2015年にはフジテレビ系でBISTRO SMAPにてサンローランで全身コーデを行っていたこともあり、大のサンローラン好きということが分かります。
恐らく財布やアクセサリーなども持っているかと思います。

5-3 King & Prince 『平野紫耀』さん

出典:Twitter

最近人気が高いジャニーズ系ユニット King & Princeの平野紫耀さんが茶狂しているのはサンローランライトニングボルトのTシャツです。
サンローランのTシャツはとてもシルエットがカッコいいです。
シンプルでレトロなロゴですが、シルエットがカッコよく素材を生かしてくれるデザインです。

5-4 BIGBANGのメンバーでラッパー『G-DRAGON』さん

出典:Facebook

世界的ファッションアイコンとして注目されているBIG BANGのG-DRAGONさんが着用しているのはサンローランのジャケットです。
G-DRAGONさんはサンローランだけでなく、バレンシアガやCHANELなど数々のハイブランドを愛用しており、ファッションセンスは抜群に高いです。
ファッションが好きな方はG-DORAGONさんを見て勉強する方も増えてきており、最新の流行を捉えるには彼を見ておけば間違いないでしょう。

5-5 世界的歌手『Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)』さん

出典:Instagram

SupremeやLouis Vuittonを愛用しているイメージの強いジャスティン・ビーバーさん。
2016年にはサンローランのファッションショーに出場し、それ以来サンローランを良く着用しているのをみます。
今回の写真は肩にワッペンがついている可愛らしいアウターを着用しており、ベビーフェイスなジャスティン・ビーバーさんにとても似合っているアイテムだと思います。

5-6 三代目 J Soul Brothers『登坂広臣』さん

出場:Instagram

日本のファッションアイコンとして、ストリート、ロックなスタイルを魅せてくれる登坂広臣さん。
今回着用しているのはライダースジャケットです。
前章で紹介した画像では伝わりにくかったですが、とても革の質感がよく、高級感に溢れているアイテムということが分かります。
金額としてはかなり高いですが、ライダースジャケットが好きな方なら必ず欲しい一品です。

最後に

今回はサンローランについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
サンローラン?イブサンローラン?YSL?もしも知り合いにこの質問をされた際に“ざっくり”とも“詳しく”ともご説明できるようになったかと思います。
そして最近特に人気が高いサンローランですが、人気が高く元々の金額もかなり高額なので、リセールもかなり良いアイテムでもあります。

弊社ではブランド古着を専門で買取している店舗を運営しております。
新作の資金集めとして前年のアイテムを売りに来られる方が増えてきております。
サンローランはもちろん、その他ブランド洋服やゴローズ、クロムハーツなど査定、買取を行っておりますので、もしもお値段にご興味がありましたら、下記よりご相談くださいませ。

自分が持っている服、今いくらになるか知っていますか?

新しい服に買い替えたいけどお金が無い…
有名買取ショップに持って行ったけど買取金額が安かった…
買った金額以上になればと思って買ってしまったものがある…

実際にこんな悩みをお持ちのお客様が私たちのもとに沢山いらっしゃいます。

そんなお客様に満足してもらいたいと思い弊社は4つの強みがあります。

・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

現在、新規のお客様はお見積り金額20%UPのキャンペーン実施中です。

下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。